北京JAC

 

 

 

北京JACとは
発足の経緯
発足当時の目標
  1. 女性省の設置
  2. 男女平等法の制定
  3. 女性に対する暴力防止法の制定でした。

これらは、テーマコーカスを中心に進められ、当初の目標通りではありませんでしたが、 以下のようなかたちで実現しました:

  1. ナショナルマシナリーとしての男女共同参画局設置 [2001年1月]
  2. 男女共同参画社会基本法制定 [1999年6月]
  3. DV防止法制定(配偶者からの暴力防止と被害者保護に関する法律)[2001年4月]

現在は、北京行動綱領の12の重要分野にとどまらず、 さらにその後生じた新しい課題の解決に向けて活動しています。


代表
  1. 船橋邦子

[2002年度より]